ドストエフスキーの詩学

ミハイル・バフチン 著 , 望月 哲男 翻訳 , 鈴木 淳一 翻訳

ドストエフスキーの画期性とは何か? 《ポリフォニー論》と《カーニバル論》という、魅力にみちた二視点を提起した先駆的著作。
【解説: 望月哲男 】

ドストエフスキーの詩学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ハ-8-1
  • 刊行日: 1995/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:608
  • ISBN:4-480-08190-9
  • JANコード:9784480081902

この本の内容

《ポリフォニー》と《カーニバル》二つのキイ概念で解く「対話」の本質。

この本の目次

第1章 ドストエフスキーのポリフォニー小説および従来の批評におけるその解釈
第2章 ドストエフスキーの創作における主人公および主人公に対する作者の位置
第3章 ドストエフスキーのイデエ
第4章 ドストエフスキーの作品のジャンルおよびプロット構成の諸特徴
第5章 ドストエフスキーの言葉

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可