史記 8 ─列伝四

司馬 遷 著 , 小竹 文夫 翻訳 , 小竹 武夫 翻訳

第五十八「淮南衡山」から「游侠」「滑稽」「日者」「亀策」「貨殖」。さらに第七十「太史公自序」まで。
【解説: 興膳宏 】

史記 8 ─列伝四
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:シ-2-8
  • 刊行日: 1995/08/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-08208-5
  • JANコード:9784480082084
司馬 遷
司馬 遷

シバ セン

前145年頃〜前86年頃。前漢時代の歴史家。父・司馬談の遺命にしたがい、史書編纂の仕事に着手。武帝の怒りを買い、前98年、宮刑に処せられる。史書は、「太史公書」130巻として完成。のち『史記』と称される。

この本の内容

中国の古典中の古典ともいうべき『史記』の全訳。「列伝」は、みずから歴史に参加し、国家・社会に強い影響を与えた人間たちの行為や言辞を伝える。

この本の目次

淮南衡山列伝第五十八
循史列伝第五十九
汲鄭列伝第六十
儒林列伝第六十一
酷史列伝第六十二
大宛列伝第六十三
游侠列伝第六十四〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可