人間の本性について

E.O.ウィルソン 著 , 岸 由二 翻訳

美を感じ、神を信じるのも遺伝子の仕業だとしたら、我々の心とはいったい何なのか。世界中を震撼させた社会生物学の記念碑的著作。
【解説: 新妻昭夫 】

人間の本性について
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0145
  • 整理番号:ウ-8-1
  • 刊行日: 1997/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08335-9
  • JANコード:9784480083357
E.O.ウィルソン
E.O.ウィルソン

ウィルソン,E.O

1929年合衆国アラバマ州生まれ。アラバマ大学で生物学を学び、1955年ハーヴァード大学で博士号を取得。現在、ペレグリノ・ユニヴァーシティ・リサーチ教授。社会生物学、生物多様性の提唱者である一方、徹底したナチュラリストでもある。著書に『社会生物学』『人間の本性について』『生命の多様性』など。ピューリツァー賞を2度受賞。

岸 由二
岸 由二

キシ ユウジ

1947年東京生まれ。横浜市立大学文理学部生物科卒業。東京都立大学理学部博士課程退学。理学博士。専門は進化生態学。慶應義塾大学名誉教授。流域アプローチによる都市再生論を研究・実践。2013年春、慶應義塾大学を退官。著書に『自然へのまなざし』(紀伊國屋書店)。訳書にウィルソン『人間の本性について』(ちくま学芸文庫)、共訳書にドーキンス『利己的な遺伝子』(紀伊國屋書店)など。

この本の内容

60年代なかば、生態学と進化論の境界領域のなかから新しい流れが形成された。その結晶の一つがウィルソンの大著『社会生物学』であり、R.ドーキンスの『利己的な遺伝子』だった。生物界の社会現象を総合的に分析する斬新な手法で、人間とは何かを究明しようとしたのが本書である。英米の生物・動物学界を震撼させた、1979年度ピュリッツァー賞受賞作。

この本の目次

第1章 ジレンマ
第2章 遺伝
第3章 発達の過程
第4章 社会進化と人間の本性
第5章 攻撃行動
第6章 性
第7章 利他主義
第8章 宗教
第9章 希望

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可