プラド美術館の三時間

エウヘーニオ・ドールス 著 , 神吉 敬三 翻訳

20世紀スペインの碩学が特に愛したプラド美術館を借りて披瀝した絵画論。「展覧会を訪れる人々への忠告」併収の美の案内書。
【解説: 大高保二郎 】

プラド美術館の三時間
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0171
  • 整理番号:ト-5-1
  • 刊行日: 1997/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:4-480-08387-1
  • JANコード:9784480083876

この本の内容

「春眠暁を覚えず、と諺にいう。生活がさして苦しくない時には、生きるということもまた楽しいことである。例えば、まるまる三時間を美術作品の観賞に当てうるとすれば、それは眠りにも優る営みであり、生に優る喜びである」。本書は、スペインの偉大なる知性ドールスがこよなく愛したプラドを舞台にして展開する傑作絵画論。名だたる芸術作品を、「支えあうフォルム」である古典主義と「飛翔するフォルム」であるバロックを両端とする体系に鮮やかに位置づけ明快に論じる。実践的な絵画の見方「展覧会に訪れる人々への忠告」を併せて収録した楽しく有意義な美の案内書。

この本の目次

プラド美術館の三時間(プラドへの道すがら
フランスとイタリアの古典的な作家たち
エル・グレコとゴヤ
ベラスケス
プリミティヴの画家たち
スルバラン、ムリーリョ、リベラ
ゲルマンの人、デューラー
ヴェネチア派
ルーベンスとその弟子たち
終章)
展覧会を訪れる人々への忠告(告白)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可