夷斎筆談・夷斎俚言

石川 淳

観念を徹底的に排し、あくまで自由なる精神をもって、雅に遊び・俗に還り、時に慷慨の志をのぞかせながら綴る会心のエッセイ。

夷斎筆談・夷斎俚言
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:イ-8-2
  • 刊行日: 1998/08/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:464
  • ISBN:4-480-08434-7
  • JANコード:9784480084347

この本の内容

ある時は慷慨の志をのぞかせながら、自由に超現実に遊び、自在に雅に往き俗に還る。飄にして鋭く、逸にして勁く、高踏韜晦とされながらも、戦後日本文学に聳立し続けた石川淳。その昭和25〜27年に綴られた会心のエッセイ集。

この本の目次

夷斎筆談(面貌について
娯楽について
沈黙について
恋愛について ほか)
夷斎俚言(ジイドむかしばなし
乱世雑談
芝居ぎらい
論争ばやり ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可