不朽の大著『ローマ帝国衰亡史』。その着想から完成までの経緯に、一カントリー・ジェルトルマンとしてのギボンの生活と意見を織りこんだ名著。

ギボン自伝
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,350円+税
  • Cコード:0123
  • 整理番号:キ-2-11
  • 刊行日: 1999/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-08503-3
  • JANコード:9784480085030

この本の内容

およそ人間の営みの崇高と愚劣、栄光と悲惨のすべてが書かれている、と評され、若き日のチャーチルも繰り返し耽読したといわれる不朽の大著「ローマ帝国衰亡史」。完成から200年以上を経てなお輝きを失わぬこの伝説の書を生みだした歴史家が、「衰亡史」着想から完成までの経緯に、18世紀イギリスの一カントリー・ジェントルマンとしての生活と意見を織り込んで、自らの生涯を記す。巻末に、ギボンの生涯の“詩と真実”をめぐる訳者解題を収録。

この本の目次

第1章 家系
第2章 少年期、ウェストミンスタ校―1737‐52年
第3章 オクスフォード―1752‐53年
第4章 ローザンヌ―1753‐58年
第5章 「文学研究論」、国民軍参加―1758‐62年
第6章 大陸周遊、ベリトンとロンドン、父親の死―1763‐70年
第7章 ロンドン生活、議会、「ローマ帝国衰亡史」―1770‐83年
第8章 ローザンヌ―1783‐93年

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可