新編 ピンナップ・エイジ

伊藤 俊治

メディアに載ったエロス・イメージは、都市の男たちの夢の装置となった。ピンナップの流れをたどり、20世紀の欲望や娯楽の質の変遷を読みとる。

新編 ピンナップ・エイジ
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0171
  • 整理番号:イ-2-3
  • 刊行日: 2000/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-08544-0
  • JANコード:9784480085443
伊藤 俊治
伊藤 俊治

イトウ トシハル

1953年生まれ。美術史家/美術評論家。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。著書に『ジオラマ論』『20世紀写真史』など多数ある。

この本の内容

1950年代、メンズマガジンに現れ、エロスの簡便さ、密室性から、たちまち「夢の装置」として20世紀の男たちを魅了したピンナップ。脚部をクローズアップし日常生活の延長線上の夢を具現化した「チーズケーキ」、映画の影響を受け肉体を誇示するために整形手術を施した表情でほほえむハリウッドのピンナップ、『プレイボーイ』の黄金時代を築いたヒュー・ヘフナー…。このメディアに乗って膨大に流れ出たエロス・イメージ―ピンナップの流れをたどり、それが単なる視覚的欲情の痕跡ではなく、時代そのものの嗜好や趣味であり感受性や生理の表象だったことを跡づける。図版多数。

この本の目次

20世紀のイブ―ピンナップのアルケオロジー(“紙のハレム”の女たち
ハロルドの寝室、あるいはファンタジーのゆくえ
ピンナップ・セオリー
ハリウッド・イメージ
戦争とピンナップ
プレイボーイたちの王国
死のコレクター
フェミニズムからの攻撃
イノセンスとスプレンダー
性革命とピンナップの終焉
過去形のイブ)
20世紀ピンナップ論を読む
20世紀ピンナップ年表

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可