世界宗教史 2

ミルチア・エリアーデ 著 , 松村 一男 翻訳

20世紀最大の宗教学者のライフワーク。本巻はヴェーダの宗教、ゼウスとオリュンポスの神々、ディオニュソス信仰等を収める。
【解説: 荒木美智雄 】

世界宗教史 2
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:エ-3-2
  • 刊行日: 2000/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-08562-7
  • JANコード:9784480085627

この本の内容

人類にとって宗教的現象とはいったい何か、人類史という壮大なスケールのなかでその展望を企てた本書は、20世紀を代表する宗教学者・エリアーデが最晩年に遺した畢生のライフワークである。この古今未曾有の偉大な業績は、仏教、キリスト教、ヒンドゥー教といった個々の宗教の理解を助けるばかりでなく、人類が創造した宗教そのものの姿を見事に描きだしている。文庫版第2巻は、ヴェーダの神々、ギリシア宗教、オリュンポスの神々と英雄たち、ザラスシュトラ、イスラエルの宗教、ディオニュソスの密儀までを収める。

この本の目次

第8章 インド・ヨーロッパ諸民族の宗教 ヴェーダの神々
第9章 ゴータマ・ブッダ以前のインド―宇宙的供犠からアートマン・ブラフマンの至上の同一性まで
第10章 ゼウスとギリシア宗教
第11章 オリュンポスの神々と英雄たち
第12章 エレウシスの密儀
第13章 ザラスシュトラとイラン宗教
第14章 王と預言者の時代のイスラエル宗教
第15章 ディオニュソス、あるいは再び見いだされし至福

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可