美術の解剖学講義

森村 泰昌

「美術=難解」という発言に対し、道理と分別、夢と愛を持った講義でお答えしましょう。異色芸術家による6編のレクチャー。
【解説: 深井晃子 】

美術の解剖学講義
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0172
  • 整理番号:モ-5-1
  • 刊行日: 2001/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-08599-8
  • JANコード:9784480085993
森村 泰昌
森村 泰昌

モリムラ ヤスマサ

1951年、大阪生まれ。美術家。1985年、自らゴッホになった作品で美術界に登場以降、名画の登場人物や映画女優、歴史上の人物に扮するセルフポートレイトを次々に発表。綿密な研究と独自の解釈と意図で構成された作品は国内外で高い評価を得ている。著書に『芸術家Mのできるまで』『美術の解剖学講義』『踏みはずす美術史』『「美しい」ってなんだろう?』『「まあ、ええがな」のこころ』など多数。

この本の内容

マネやベラスケス、レンブラントらの作品を名画たらしめている意外な事実、美術における「真と偽」あるいは「よし悪し」、愛ある写真を撮るための「アーネスト・サトウの写真術」、そして21世紀の美術のゆくえとは…美術を面白味のないものとお考えのあなたのために、古今東西の名作に自分自身を侵入させる作品を発表しつづける著者がわかりやすくレクチャー。美術を通してあなたの生き方はもっと変わるはず。退屈・難解な芸術とはサヨナラです。

この本の目次

一時間目 人生論
二時間目 写真論
三時間目 大発見論
四時間目 真贋論
五時間目 セルフポートレイト論
六時間目 女優論

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可