宗祖ゾロアスター

前田 耕作

ゾロアスターとは何者か。プラトンからニーチェに至る哲学者を魅了した伝説的存在、その謎に満ちた生涯・正典を妖しい霧の中に分け入り探る。

宗祖ゾロアスター
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0114
  • 整理番号:マ-23-1
  • 刊行日: 2003/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-08777-X
  • JANコード:9784480087775
前田 耕作
前田 耕作

マエダ コウサク

1933年生まれ。名古屋大学文学部卒。アフガニスタン文化研究所所長。東京藝術大学・帝京大学客員教授。2003年以来、爆破されたアフガニスタンのバーミヤン遺跡の保存・修復の事業にたずさわっている。著書に『巨像の風景』(中公新書)、『ディアナの森』(せりか書房)、『宗祖ゾロアスター』(ちくま学芸文庫)、『アジアの原像』(NHKブックス)、『玄奘三蔵、シルクロードを行く』(岩波新書)など、訳書にバシュラール『火の精神分析』、エリアーデ『イメージとシンボル』(以上せりか書房)、『子どもたちに語るヨーロッパ史』(監訳、ちくま学芸文庫)などがある。

この本の内容

ゾロアスターは多くの姿と名をもつ。預言者、魔術師、占星術師、ザラスシュトラ、ゾロアストレス、ツァラトゥストラ…「古代神学」の系譜ではモーセやピュタゴラスと並ぶ賢者としての、さらにはイエスの降誕を伝えたとされる東方三博士のはるかな祖先としての、下ってはニヒリズムの超克者たるニーチェの分身としてのゾロアスター。幾多の宗教批判者、さらに聖典の探索や儀礼の調査に赴いた東洋学者や探検家も、この謎に満ちた開祖のイメージをさまざまに彩った。本書は、ヨーロッパによるアジア理解の歴史の中にゾロアスター像の変遷を辿る、類のない文化史=精神史の試みであり、この著者にして初めて書きえた意欲作である。

この本の目次

第1章 ゾロアスター伝説(年代の謎
王・魔術師・占星術者 ほか)
第2章 正典を求めて(アンクティル=デュペロンの探求
インドへ ほか)
第3章 ゾロアスターの生涯(フワルナフ托胎
父と母 ほか)
第4章 イメージと歴史の交錯(偉大なる神アフラ・マズダー
火の祭儀 ほか)
第5章 コスモロジーから終末へ(アジアの魂
始元に二霊あり ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可