西欧文明の隠された大きな流れ、悪魔・吸血鬼伝説。{@F340}金道士日夏耿之介による、日本への西欧デモノロジー紹介の先駆的作品。
【解説: 井村君江 】

吸血妖魅考
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ヒ-7-1
  • 刊行日: 2003/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-08782-6
  • JANコード:9784480087829

この本の内容

近代日本が目を閉ざしてきた、西欧文明の背後に隠れているもうひとつの大きな精神世界の流れ、デモノロジー・吸血鬼伝説。サマーズは、その広大な暗黒空間に執拗に分け入り、闇と共存する人々の生活と風俗を人間的営為として直視することにより、人間存在のデモーニッシュな姿を暴く。本書はサマーズの『ヨーロッパに於ける吸血鬼』と『吸血鬼―その同族と血縁』の二著の真髄を、錬金道士日夏耿之介が、「日夏流吸血鬼総論」として仕立て上げた奇書。日本への西欧デモノロジー紹介の先駆的作品として、現在のオカルティズムや幻想文学に与えた影響ははかり知れない。

この本の目次

第1編 吸血威族考(吸血鬼の発生
吸血の特性と慣例と
バビロニヤ、アッシリヤ、近東地方及びその他の上代諸国に於ける吸血鬼
文学に現れたる吸血鬼)
第2編 欧羅巴吸血俗概観(古代希臘及び羅馬の吸血鬼
英吉利、愛蘭土及び羅甸諸国の吸血鬼譚
匈牙利とチェッコスロヴァキアの吸血鬼譚
近代希臘に於ける吸血鬼
露西亜、ルウマニア、ブルガリアに於ける吸血鬼)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可