評伝 柳宗悦

水尾 比呂志

民衆美の発見による美意識の革命的価値転換を行なって民藝運動を展開、近代日本文化の在り方を根底から問うた独創的思想家の全業績。決定版評伝。

評伝 柳宗悦
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0123
  • 整理番号:ミ-13-1
  • 刊行日: 2004/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:640
  • ISBN:4-480-08808-3
  • JANコード:9784480088086

この本の内容

柳宗悦は稀有なスケールを備えた思想家であった。「肯定神学」から「否定神学」へ進み、「神秘神学」に入った若き宗教哲学者は、いかに生きたのだろうか。ブレイク、ホイットマン研究から、朝鮮工芸再発見、民芸運動、茶道改革等々へと至るその思索と実践は、広く、そして深い。情熱的で清廉な人柄はまた、幾多の工芸作家をも引き寄せた。リーチ、河井、浜田、芹沢、棟方…「用の美」という生活美学、美醜の別を超えて世界を見渡すという独自の仏教美学へと連なる理論の歩みはもとより、私生活や交友関係の細部を徹底的に掘り起こし、生涯と思想の全体像を提示した、敬愛の念溢れる傑作評伝。年譜および兼子夫人聞書きを併載。

この本の目次

第1章 宗教哲学と芸術(父楢悦と柳家の人々
様々なる萌芽
新しき科学 ほか)
第2章 美と工芸(木喰仏
浜田と河井
下手物の美 ほか)
第3章 美信一如(民芸再興
美の法門
南無阿弥陀仏 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可