『正法眼蔵』読解10

森本 和夫

『十二巻本正法眼蔵』の「四禅比丘」「一百八法明門」「八大人覚」と、拾遺「{辛力辛}道話」「菩提薩{土垂}四摂法」「法華転法華」「生死」などを収録。

『正法眼蔵』読解10
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0115
  • 整理番号:シ-17-10
  • 刊行日: 2005/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-08830-X
  • JANコード:9784480088307
森本 和夫
森本 和夫

モリモト カズオ

1927年、奈良県生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京大学名誉教授。

この本の内容

日本文化史上、また仏教思想史上屈指の名著『正法眼蔵』。古来、難解をもって聞こえてきたが、そこでは一体何が語られているのか。その真髄はテクストにある。テクストとは、ただひたすら読み解かれるべきものとして現前する。読むということは、既得の知識を本文に当てはめたり、本文から新たな知識を獲得することではない。逆にあらゆる知識の束縛を打ち破り、そこから抜け出していく行為なのだ。常に世界へ、未来へと開かれている『正法眼蔵』の「七十五巻本」と「十二巻本」の全文を各段落ごとに掲げ、それぞれを精緻に読み解く。第10巻は、「十二巻本正法眼蔵」の第十・四禅比丘より第十二・八大人覚までと、辧道話、生死などを収録。全10巻。

この本の目次

新草第十―四禅比丘
新草第十一―一百八法明門
新草第十二―八大人覚
別本―三時業
拾遺―辧道話
拾遺―菩提薩〓(た)四摂法
拾遺―法華転法華
拾遺―生死
拾遺―唯仏与仏
別本―辧道話
重雲堂式
示庫院文

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可