ドーキンス VS. グールド ─適応へのサバイバルゲーム

キム・ステルレルニー 著 , 狩野 秀之 翻訳

「利己的な遺伝子」か「断続平衡説」か? 両者の視点を公正かつ徹底的に検証して、生物進化における大論争に決着をつける。
【解説: 新妻昭夫 】

ドーキンス VS. グールド ─適応へのサバイバルゲーム
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0145
  • 整理番号:ウ-14-1
  • 刊行日: 2004/10/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-08878-4
  • JANコード:9784480088789

この本の内容

生物の行動パターンやありようを「利己的な遺伝子」によって説明し、適応は遺伝子の淘汰であると考えたリチャード・ドーキンス。古生物学者として大量絶滅に可能性を見いだし、進化は偶然に助けられたとして「断続平衡説」を説くスティーヴン・J・グールド。現代における進化と適応についての研究成果をさまざまな側面から公成にたどることにより、この2人の視点を徹底的に検証。論議の応酬が絶えなかった20世紀の生物進化における最大の論争に決着をつける。本邦初訳。

この本の目次

第1部 開かれた戦端(視点の衝突)
第2部 ドーキンスの世界(遺伝子と遺伝子の系統
生物の世界における遺伝子淘汰
延長された表現型と無法者
利己性と淘汰
淘汰と適応)
第3部 ハーヴァードからの眺め(地域的なプロセスか、地球的な変化か?
断続平衡説
大量絶滅
カンブリア紀の生命
進化のエスカレーター)
第4部 論争の現状(科学は闇のなかの灯か?
論争を要約してみれば)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可