乳幼児を養い、男を欲情させ、芸術家に愛でられ、法規制で隠蔽される、女の乳房。その所有者は誰なのか。魅力的な多数の図版で読む文化史。

乳房論
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:ヤ-13-1
  • 刊行日: 2005/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:4-480-08893-8
  • JANコード:9784480088932

この本の内容

女性の乳房は、さまざまな意味を与えられてきた。乳幼児を養うもの、男性によって愛撫されるもの、芸術家にインスピレーションを与えるもの、法規制によって隠蔽を義務付けられるもの、そして女性自身のもの。それは、乳房を所有しているのは誰なのか、という問題にも直結してくる。各種の社会体制や欲望の対象になってきた乳房を、古代から現代にいたるまで総覧する文化史。図版多数。

この本の目次

序章 移り変わる意味
第1章 聖なる乳房―女神、女神官、聖書に登場する女性、聖女、聖母
第2章 エロティックな乳房―「天空の形をした球」
第3章 家庭的な乳房―オランダの間奏曲
第4章 政治的な乳房―国家のための乳房
第5章 精神分析学上の乳房―注目される体
第6章 商品化された乳房―コルセットからサイバー・セックスまで
第7章 医学的乳房―命を与えるものと命を破壊するもの
第8章 解放された乳房―政治、詩、そして絵画
第9章 危機にある乳房

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可