現代思想としてのギリシア哲学

古東 哲明

西洋文化の根源・ギリシア哲学は、現代に似た状況から発祥していた。存在神秘に覚醒したその思想を再検討し、現代思想を鍛え直す。
【解説: 永井均 】

現代思想としてのギリシア哲学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:コ-21-1
  • 刊行日: 2005/04/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-08906-3
  • JANコード:9784480089069
古東 哲明
古東 哲明

コトウ テツアキ

一九五〇年生まれ。京都大学哲学科卒業後、同大学院博士課程修了。現在、広島大学総合科学研究科教授。専門は、哲学、現代思想。著書に、『〈在る〉ことの不思議』(勁草書房)、『現代思想としてのギリシア哲学』(ちくま学芸文庫)、『ハイデガー──存在神秘の哲学』(講談社現代新書)、『他界からのまなざし』(講談社選書メチエ)、編著に、『ニヒリズムからの出発』(ナカニシヤ書店)などがある。

この本の内容

近代ヨーロッパ文化の源泉であるギリシア哲学は、現代思想に類似した、「神の死」とも言うべき状況の中から発祥したものだった。人間にとって最も根源的な問題といえる「在ることの不思議」に覚醒し、無常や不条理といった否定性を含みこんだまま、二元論を超克しつつ存在驚愕(タウゼマイン)を直視した、タレス、ソクラテス、プラトンら西洋哲学の開祖たち。人類史上画期的な出来事としてのギリシア哲学を、新たな視座から精緻に検討し、現代思想を鍛えなおす。

この本の目次

序章 月から落ちてきた眼
第1章 哲学誕生の瞬間―タレス
第2章 逆説の宇宙―ヘラクレイトス
第3章 存在の永遠―パルメニデス
第4章 非知の技法―ソクラテス
第5章 ギリシアの霊性―プラトン
第6章 あたかも最期の日のように―M.アウレリウス

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可