ブルバキ数学史 下

ニコラ・ブルバキ 著 , 村田 全 翻訳 , 清水 達雄 翻訳 , 杉浦 光夫 翻訳

数学の各理論の指導的理念や展開過程を、膨大な史料原典を駆使して、背後にある思考様式や哲学を含め考察。「構造主義」哲学の重要な文献。

ブルバキ数学史 下
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:フ-25-2
  • 刊行日: 2006/03/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-08978-0
  • JANコード:9784480089786
村田 全
村田 全

ムラタ タモツ

1924‐2008年、神戸市生まれ。北海道大学数学科卒業。立教大学教授、桃山学院大学教授などを歴任。その間、フランス国立科学センター研究員なども歴任。立教大学名誉教授。専攻、数学思想史。文学博士。著書に『数学史』(共著、筑摩書房)、『数学史の世界』(玉川大学出版部)、訳書にブルバキ『数学史』(共訳、東京図書、ちくま学芸文庫)、ボホナー『科学史における数学』(みすず書房)、サボー『ギリシア数学の始原』(共訳、玉川大学出版部)などがある。

この本の内容

「構造」の観点から20世紀の数学全体を基礎づけ直したフランスの若き数学者集団ブルバキ。彼らの壮大な試みはユークリッドの『原論』を模して『数学原論』40余冊として結晶した。最新の各理論の指導的理念やその形成展開の過程はどのようなものであったのか。膨大な原典史料を駆使して、理論の背後にある思考様式や哲学を含め考宰したものが、「歴史覚えがき」として著された本書である。「構造」を「歴史」から逆照射する、数学者自身によるユニークな数学史。数学専攻の学生・研究者はもちろん、「構造主義」哲学に関心のある読者には必読。下巻には「リー群とリー環」など3篇を増補。決定版。

この本の目次

実数
指数と対数
n次元空間
複素数、角の計量
距離空間
微分積分学
漸近展開
ガンマ関数
関数空間
位相線型空間
局所コンパクト空間上の積分
ハール測度.畳み込み積
局所コンパクトではない空間上の積分
リー群とリー環
鏡映群.ルート系

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可