グラモフォン・フィルム・タイプライター 上

フリードリヒ・キットラー 著 , 石光 泰夫 翻訳 , 石光 輝子 翻訳

壮大なるメディア論!
テクノロジーへの恐怖を解読する

3種のテクノロジーの華々しい登場が、文字文化を解体する流れを描く壮大なメディア論。上巻はグラモフォンからフィルムの章の冒頭を収める。

グラモフォン・フィルム・タイプライター 上
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0100
  • 整理番号:キ-16-1
  • 刊行日: 2006/12/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-09034-7
  • JANコード:9784480090348

この本の内容

テクノロジーは、いわゆる人間というものから文字を吸い上げ、どこかに運びさってしまった―。蓄音機=聴覚技術メディア、映画=視覚技術メディア、タイプライター=書字技術メディア。この3つの近代テクノロジーが華々しく登場し、展開をとげるとともに、人間には何が起こったのか。フーコーの考古学的手法、ラカンの構造主義精神分析などを織りまぜたディスクール分析によって、システムがたどった歴史を壮大に描きだす衝撃のメディア論。上巻はグラモフォンからフィルムの章の冒頭を収める。

この本の目次

導入(ケーブルによるネットワーク化
メディアを連結するシステム
フォノグラフィと映画 ほか)
グラモフォン(発明の歴史
魂の自然科学
ギュイヨー「記憶とフォノグラフ」 ほか)
フィルム(映画は歴史を切断する
目の錯覚と自動武器)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可