グラモフォン・フィルム・タイプライター 下

フリードリヒ・キットラー 著 , 石光 泰夫 翻訳 , 石光 輝子 翻訳

機械が意識を占拠する
戦争との結託からコンピュータの支配へ

近代のメディア技術は何をもたらしたのか? 下巻はフィルムからタイプライターの章を収め、その普及から世界規模の戦争との関わりまでを描く。

グラモフォン・フィルム・タイプライター 下
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0100
  • 整理番号:キ-16-2
  • 刊行日: 2006/12/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:4-480-09035-5
  • JANコード:9784480090355

この本の内容

視覚、聴覚、書字への技術導入によって、主体であったはずの人間の意識までもが機械装置にとってかわられる。人間は生理学と情報工学へと解体され、操作されうるものになりはてた。リルケ、カフカ、ハイデガー、シュミットらによるテクストなど膨大な文献を渉猟しつつ、近代メディアの与えた衝撃を解読する。下巻はフィルムからタイプライターの章を収め、世界規模で繰り広げられるようになった戦争と技術の結託から、やがてくるコンピュータの支配の幕開けまでを描く。

この本の目次

フィルム(映画の第一次世界大戦とユンガー少尉
フリートレンダー『蜃気楼機械』
精神医学と精神分析における映画
ドッペルゲンガー―映画の映画化
ミュンスターベルクの映画による精神工学 ほか)
タイプライター(男の手から女の機械へ
ハイデガー「手とタイプライターについて」
ニーチェのタイプボールと女性秘書たち
デスクワークする近代のカップル
タイプライターによる思索 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可