空間・時間・物質 下

ヘルマン・ワイル 著 , 内山 龍雄 翻訳

理論系学生への贈り物

物理的本質への訳者独自の見通しの下に、難解で知られる原書を噛み砕いた、熱のこもった名訳。偉才ワイルの思考をたどる数理物理学の金字塔。

空間・時間・物質 下
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0142
  • 整理番号:ワ-12-2
  • 刊行日: 2007/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-09062-1
  • JANコード:9784480090621
ヘルマン・ワイル
ヘルマン・ワイル

ワイル,ヘルマン

1885-1955年。ドイツ生まれ。ゲッチンゲン大学でヒルベルトのもとに学ぶ。1933年アメリカ亡命、プリンストン高等研究所で教授。数学者・物理学者・哲学者。作用素のスペクトル理論・群の表現論・リーマン面の理論などのほか、量子力学や相対性理論など物理学にもその力量を横溢させた。一般相対性理論と電磁気学を統一させるゲージ理論の草分けとしても著名。

内山 龍雄
内山 龍雄

ウチヤマ リョウユウ

1916-1990年。静岡県生まれ。大阪帝国大学物理学科卒業。大阪大学名誉教授。著書に『相対性理論』(岩波書店)など。

この本の内容

ヒルベルトを数学の父に、フッサールを哲学の母にもったワイルは、数学の詩人とも呼ばれ、思索力と表現力において他の追随を許さなかった。その卓越した力量は、一般相対性理論によってドラスティックに変革された空間・時間・物質の関係をみごとに統一的に叙述し、理論生みの親アインシュタイン以上にその本質を描ききったとも評された。本書は、その思考過程や縦横に展開された思索の深さを学ぶための最良のテキストとして評価が高い。翻訳は難解な原著をよく咀嚼し、懇切にその叙述が補われていることでも知られ、理論をめざす学生への格好の贈り物となっている。

この本の目次

第4章 一般相対性理論(運動の相対性。計量場と重力
重力に対するアインシュタインの基本法則
静的重力場。実験との比較
重力波
真空中における静的球対称重力場
太陽重力場内における光線と惑星の運動
静的重力場の厳密解(つづき)
羅針儀と回転
重力場のエネルギー。受動的重力質量と能動的重力質量
力学的基本法則。場と物質 ほか)
付録

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可