増補 皇居前広場

原 武史

日本の「空虚な中心」

日本の空虚な中心、皇居前広場。無人の光景に秘められた日本の近・現代史、近代天皇制における「視覚的支配」の実態に迫る。
【解説: 藤森照信 】

増補 皇居前広場
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0131
  • 整理番号:ハ-26-1
  • 刊行日: 2007/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-09115-4
  • JANコード:9784480091154
原 武史
原 武史

ハラ タケシ

一九六二年〜。東京都生まれ。政治学者。政治思想史専攻。明治学院大学教授。日経新聞記者として昭和天皇最晩年を取材した経験を持つ。著書に『大正天皇』(朝日選書)、『可視化された帝国』(みすず書房)、『滝山コミューン一九七四』(講談社/講談社文庫)、『昭和天皇』(岩波新書)、『皇居前広場』(ちくま学芸文庫)など。鉄道マニアとしても知られ、『鉄道ひとつばなし』『沿線風景』(以上、講談社)などの著書もある。

この本の内容

東京の中心にある「空虚な空間」皇居前広場。「日本人」なら誰でも知っているこの広大な広場は、しかしもう半世紀以上もほとんど使われていない。かつての、日本で最大の政治空間から、忘却された空間へというその変容は、なぜ起こったのか。ここを定点観測点として見えてくる「明治」「大正」「昭和」、そして戦後占領期や戦後独立期の思想状況とは。当時の新聞・雑誌、日記や回想録、小説、映像、書簡などを駆使して、政治空間としての「皇居前広場」から近現代の思想史を追い、近代天皇制における「視覚的支配」の実態に迫る意欲作。文庫化に当たり天皇制と音楽をめぐる補論を増補。

この本の目次

第1章 皇居前広場とは何か
第2章 「無用の長物」―第1期
第3章 天皇制の儀礼空間として―第2期
第4章 占領軍・左翼勢力・天皇―第3期
第5章 空白と復興と―第4期・第5期
第6章 再論・皇居前広場とは何か
補論 田植え歌からYOSHIKIまで―天皇制と音楽をめぐって

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可