相対性理論 下

W.パウリ 著 , 内山 龍雄 翻訳

後進への大きな贈物

アインシュタインが絶賛し、物理学者内山龍雄をして、研究を措いてでも訳したかったと言わしめた、相対論三大名著の一冊。
【解説: 細谷暁夫 】

相対性理論 下
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0142
  • 整理番号:ハ-27-2
  • 刊行日: 2007/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-09120-8
  • JANコード:9784480091208
W.パウリ
W.パウリ

パウリ,W

1900-1958年。オーストリア生まれ。理論物理学者。大学入学前に一般相対性理論に関する論文を、また21歳で本書「相対性理論」を著して名声を博した。その後、関心を量子力学に移し、ハイゼンベルクらと量子力学の体系化に努め、1924年の「パウリの原理」発見に対してはノーベル物理学賞が授与された。深い物理的洞察と数学的手腕で問題に迫り、原子構造から素粒子論に至る幅広い領域で重要な貢献が多数ある。

内山 龍雄
内山 龍雄

ウチヤマ リョウユウ

1916-1990年。静岡県生まれ。大阪帝国大学物理学科卒業。大阪大学名誉教授。著書に『相対性理論』(岩波書店)など。

この本の内容

アインシュタインの一般相対性理論が1916年に発表され、人々が競ってその解説を求めたとき、パウリは『数理科学百科事典』の一項目でそれに応えた。理論から5年、パウリは当時まだ21歳で、先行する論文を簡潔に引用紹介しながら、的確な批評を加え、むだなく淡々と特殊相対性理論から一般相対性理論までを解説しきった。アインシュタイン本人も絶賛し、本書訳者の物理学者内山龍雄をして「研究をさし置いてでも訳したい」と言わしめた。懇切に注釈を加え本書の魅力を伝えようとする姿勢から、セミナーを髣髴させる熱気が存分に伝わってくる。下巻は「一般相対性理論」など。

この本の目次

第4編 一般相対性理論(Einsteinの論文(1916年)ができるまでの歴史的概観
等価原理、重力と計量の関係
物理法則の一般共変性の要請
等価原理からの簡単な結論 ほか)
第5編 荷電素粒子の理論(電子と特殊相対性理論
Mieの理論
Weylの理論
Einsteinの理論 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可