「論語」の話

吉川 幸次郎

孔子の思想と人生

人間の可能性を信じ、前進するのを使命であると考えた孔子。その思想と人生を「論語」から読み解く中国文学の碩学による最高の入門書。

「論語」の話
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ヨ-3-6
  • 刊行日: 2008/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-09121-5
  • JANコード:9784480091215
吉川 幸次郎
吉川 幸次郎

ヨシカワ コウジロウ

1904年、神戸市に生まれ、1980年、没。1923年京都帝大文学科に入学、支那文学を専攻。28年中国に留学、31年帰国。同年、東方文化学院(京都大学人文科学研究所東方学研究部)の研究員となり16年間をすごす。47年京都大学教授。この間、数々の著書を発表、日本の中国文学の普及に大きく貢献、芸術院会員、文化功労者となる。主な著書に、『尚書正義』、『杜甫私記』、『読書の学』、『仁斎・徂徠・宣長』、『吉川幸次郎全集』(全27巻+別巻1)などがある。

この本の内容

政治が乱れ、人の世が荒み果てていた時代、現在の人間に失望しつつも未来の人類に対して期待を抱き、人間の可能性に大きな信頼を持ちつづけた孔子。「論語」全訳・注釈を手がけた中国文学の碩学が二十篇五百章を自在に読みこみ、孔子の生き方と思想をわかりやすく解き明かす。「子曰く、仁遠からんや、我れ仁を欲すれば斯ち仁至る」。伊藤仁斎や荻生徂徠ら江戸の学者をはじめとする人々は「論語」をどのように読んだか。また、孔子が説きたかった仁とは何だったのか。諸国を旅して味わった失望や、弟子や民との対話を通して、孔子を語り、吟味する最上の入門書。

この本の目次

はじめに―「論語」とはどんな書物か
「論語」が読まれてきた理由
孔子の生まれ
「十有五にして学に志す」
「三十にして立つ」
斉の景公との対話
「論語」は封建的な書物か
孔子を取り巻く世の乱れ
政治を通じて理想を実現する
「政を為すに徳を以ってす」
孔子と老子の対話伝説
「論語」の世界観と老荘の道
「論語」の「仁」とキリスト教の神
「五十にして天命を知る」
魯の宰相時代の生活
「義を見て為さざるは勇無きなり」
放浪遊歴時代(1)
放浪遊歴時代(2)
徳と好色
「天を怨まず、人を尤めず」
最晩年の孔子と孔子伝説
「仁を欲すれば斯に仁至る」―努力と可能性への信頼
「怪力乱神を語らず」―人間の限界への洞察
「天命を畏る」―「論語」の運命観(1)
「中庸の徳」―「論語」の運命観(2)
終わりに―学問のすすめ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可