彼らは死んだのだ

現代思想の旗手が、バルザック、プルースト、ボルヘス、ジッド、川端康成など、十五枚の肖像をめぐって展開する作者のイコノグラフィー。

作者の図像学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ナ-15-2
  • 刊行日: 2008/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-09176-5
  • JANコード:9784480091765
ジャン=リュック・ナンシー
ジャン=リュック・ナンシー

ナンシー,ジャン=リュック

1940年生まれ。ストラスブール大学名誉教授。デリダに触発され、ラクー=ラバルトと共同でドイツ哲学やナチズムの脱構築的読解を展開。「共同性」を起点に、思想・宗教・芸術を縦横に論じる。著書に『無為の共同体』『声の分割』『ヘーゲル』ほか多数。

フェデリコ・フェラーリ
フェデリコ・フェラーリ

フェラーリ,フェデリコ

1969年生まれ。イタリアの哲学者・美学者。著書に『星座=布置』ほか多数。

林 好雄
林 好雄

ハヤシ ヨシオ

1952年生まれ。東京大学仏文科卒業。駿河台大学教授。著書に『知の教科書デリダ』(共著)、訳書にデリダ『声と現象』ほか多数。

この本の内容

たしかに作者は昨日死んだのだ。しかしそれならば、肖像の向こう側からこちらを見つめているのは誰なのか。それは作品の特異な潜在力であり、作者ではなく作者のイメージなのである。作品にとりついた幽霊のような作者のイメージ、その眼差しは、作者の「死後の生」がその「生前の死」でもあること、「作者の死」が今なお進行中の、永遠に清算不可能な、つねに到来する出来事でありつづけていることを示している。現代思想の旗手が、ゲーテ、バルザック、フローベール、プルースト、ボルヘス、川端康成…など、十五枚の肖像をめぐって展開する作者のイコノグラフィー。

この本の目次

作者自身の肖像
十四の肖像(作者の幽霊
写真、シャク蛾
幼年期
「“言葉”の深い統一」
いらだつエクリチュール
移行
書斎の中の仮面
不安定な均衡
銘=登録なきエクリチュール
ジャンルのパロディ ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可