トポロジーの世界

野口 廣

トポロジーのセンスとは

ものごとを大づかみに捉える! その極意を、数式に不慣れな読者との対話形式で、図を多用し平易・直感的に解き明かす入門書。
【解説: 松本幸夫 】

トポロジーの世界
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ノ-6-2
  • 刊行日: 2009/08/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-09239-7
  • JANコード:9784480092397
野口 廣
野口 廣

ノグチ ヒロシ

1925年、東京生まれ。東北大学数学科卒業。のちミシガン大学に留学。イリノイ大学客員教授、早稲田大学理工学部教授を経て同大学名誉教授。理学博士。93年より2004年まで数学オリンピック財団理事長を務め、現在、情報オリンピック日本委員会理事。また一本のひもから自在に生み出される「あやとり」の研究・紹介でも知られている。著書に『位相空間』(至文堂)、『トポロジー』(ちくま学芸文庫)、『言語と数学』(ダイヤモンド社)などがある。

この本の内容

クラインの壺やメビウスの輪から見えてくる奇妙な世界とは?初心者には難解と思えるトポロジーの考え方そのものは、じつはふだんから使い慣れている「ものごとを大づかみに把握する」という方法とたいへん近い。本書では、初めてトポロジーを学ぶ学生の疑問に答えながら、図とわかりやすい例をひいて直観的にその世界をひもといていき、さらに後半では色や音の受容、記憶など脳の大づかみな仕組みを数学的に捉える。その有効性から瞬く間に現代数学に大きな地位を占めたトポロジー、そのセンスへのやさしい大づかみな入門書。

この本の目次

トポロジーの世界(私たちの世界とトポロジー
トポロジーの曙
平面+1点=球面
トポロジーのものさし
数学は言語である
高次元空間
トポロジー
2人の若者
ホモロジー
最初の金字塔
爆発する未来のために)
頭脳への応用(頭脳への挑戦
頭脳のモデル
記憶と学習
目の話
色彩の話
耳の話
頭脳のトポロジー理論
頭脳とカタストロフィー)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可