1492 西欧文明の世界支配

ジャック・アタリ 著 , 斎藤 広信 翻訳

『21世紀の歴史』の序曲

1492年コロンブスが新大陸を発見したことで、アメリカをはじめ中国・イスラム等の独自文明は抹殺された。現代世界の来歴を解き明かす一冊。

1492 西欧文明の世界支配
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0120
  • 整理番号:ア-31-1
  • 刊行日: 2009/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-09258-8
  • JANコード:9784480092588
ジャック・アタリ
ジャック・アタリ

アタリ,ジャック

1943年アルジェリア生まれ。パリ理工科学校を卒業、1981年 大統領特別顧問、1991年欧州復興開発銀行初代総裁。1998年に発展途上国支援のNGOを創設。邦訳著作『アンチ・エコノミクス』『ノイズ』『カニバリスムの秩序』『21世紀の歴史』等。

斎藤 広信
斎藤 広信

サイトウ ヒロノブ

1943年宮城県生まれ。東北大学大学院修士課程修了。日本女子大学 人間社会学部教授。フランス文学・思想専攻。著訳書『もっと知りたいフランス』(共著)、B.フランク『方忌みと方違え』等。

この本の内容

1492年にコロンブスが間違って「インド」を発見して以降、それまで栄えていた中国・イスラム世界・アフリカ・アメリカ大陸の独自の文明は、すべてが抹殺されることになった。これを境に世界は、西洋近代化への道を突き進んでいく。本書は当時のヨーロッパ世界を形作っていた要素を説明しながら、1492年の出来事を詳細に記す。またその後、近代知識人の誕生、市民階級の形成、ナショナリズムの芽生えの歴史を追い、21世紀以後の来るべき未来について提言する。世界事情に精通し近未来を大胆に予測する著者の根差す歴史が、ここにある。

この本の目次

第1部 ヨーロッパを捏造する(生の勝利
信仰の衰え
自由の目覚め ほか)
第2部 一四九二年(一月
二月
三月 ほか)
第3部 歴史を捏造する(所有の論理
進歩の力
市民階級の表情 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可