古今和歌集

小町谷 照彦

鑑賞の要点が光全歌訳注

王朝和歌の原点にして精髄と仰がれてきた第一勅撰集の全歌訳注。歌語の用法をふまえ、より豊かな読みへと誘う索引類や参考文献を大幅改稿。

古今和歌集
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0192
  • 整理番号:コ-10-7
  • 刊行日: 2010/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-09275-5
  • JANコード:9784480092755
小町谷 照彦
小町谷 照彦

コマチヤ テルヒコ

1936年長野県生まれ。東京大学大学院単位取得退学。東京学芸大学名誉教授。著書に『源氏物語の歌ことば表現』(東京大学出版会)『古今和歌集と歌ことば表現』(岩波書店)『王朝文学の歌ことば表現』(若草書房)『絵とあらすじで読む源氏物語』(新典社)など、校注書に『拾遺和歌集』(新日本古典文学大系・岩波書店)『狭衣物語』(新編日本古典文学全集・小学館、共著)など。他に月刊「國文學」誌に「古今和歌集評釈」を長期連載。

この本の内容

最初の勅撰和歌集『古今和歌集』の全歌訳注。序詞・枕詞・縁語・掛詞・見立て・擬人法などの表現技法によって鮮明かつ複雑に詠まれた歌々の世界を、正確な現代語訳と注解、補注などによって明らかにする。発想や表現技法、鑑賞・読解の要点を簡潔に解説し、歌語研究をふまえた堅実で独自な著作として高い評価を受けた名著。本文庫での刊行に当たって全篇を見直し、新たに「四季の景物一覧」を設け、「歌語索引」を補訂し、「参考文献」を書き下ろした。

この本の目次

春歌上
春歌下
夏歌
秋歌上
秋歌下
冬歌
賀歌
離別歌
羇旅歌
物名
恋歌一
恋歌ニ
恋歌三
恋歌四
恋歌五:哀傷歌
雑歌上
雑歌下
雑躰
大歌所御歌・神遊びの歌
東歌

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可