魔術的リアリズム ─メランコリーの芸術

種村 季弘

この世ならぬものの光芒

一九二〇年代ドイツに突然現れ、妖しい輝きを遺して消え去った「幻の芸術」の軌跡から、時代の肖像を鮮やかに浮かび上がらせる。
【解説: 今泉文子 】

魔術的リアリズム ─メランコリーの芸術
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:タ-4-2
  • 刊行日: 2010/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-09278-6
  • JANコード:9784480092786
種村 季弘
種村 季弘

タネムラ スエヒロ

1933-2004年。東京生まれ。東京大学文学部卒業。ドイツ文学者。該博な博物学的知識を駆使して文学、美術、映画など多彩なジャンルで執筆活動を展開した。『東京百話(天・地・人)』『書物漫遊記』『贋物漫遊記』『謎のカスパール・ハウザー』『不思議な石のはなし』『徘徊老人の夏』『江戸東京《奇想》徘徊記』など著書・編著書多数。

この本の内容

1920年ドイツ。表現主義と抽象全盛の時代に突如現れ、束の間妖しく輝き、やがてナチスの「血と大地」の神話の陰に消え去った、幻の芸術があった。歴史の狭間に忘れ去られた画家たちの軌跡を克明にたどり、仇花のごとき芸術の誕生と死を通して、ある時代の肖像を鮮やかに描きだした名著。

この本の目次

前口上 魔術的リアリズム、ノイエ・ザハリヒカイトとは何か
ヴァイマールの夜の側
不気味なもの
アントン・レーダーシャイト―絶対零度の孤独
フランツ・ラジヴィル―世界鏡としての魔術的球体
アルベルト・エレボー―独身者の部屋
クリスティアン・シャート―皮膚の上の滑走
カール・グロスベルク―黒いメランコリー
ゲオルク・シュリンプフ―無時間的な生の一齣
リヒャルト・エルツェ―壜の中の精霊
ルドルフ・ヴァッカー―事物の言葉
ハノーファーの牧歌的リアリズム―環境への偏愛
オランダの魔術的リアリズム―文化の不安
魔術的リアリズム・その後―アメリカ・アメリカ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可