確率論の基礎概念

A.N.コルモゴロフ 著 , 坂本 實 翻訳

記念碑的名著

確率論の現代化に決定的な影響を与えた『確率論の基礎概念』に加え、有名な論文「確率論における解析的方法について」を併録。全篇新訳。

確率論の基礎概念
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:コ-33-1
  • 刊行日: 2010/07/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-09303-5
  • JANコード:9784480093035
A.N.コルモゴロフ
A.N.コルモゴロフ

コルモゴロフ,A.N

1903―1987年。ロシアの数学者。本書収録の論文「確率論における解析的方法について」および著書『確率論の基礎概念』によって、現代的な確率論の基礎を確立。研究は確率論のほか実変数関数論、位相空間論、関数解析、情報理論、数学史など多岐にわたり、晩年に至るまで多様な業績を挙げ続けた。

坂本 實
坂本 實

サカモト ミノル

1936年、高知県生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。専修大学名誉教授。著書に『経営のための最適計画法』(建帛社)、訳書にポントリャーギン『最適制御理論における最大値原理』(森北出版)ほか多数。

この本の内容

確率論の公理化を行い、現代確率論の基礎を築いたコルモゴロフ最初の主著。1933年に初版が刊行されて以来、今日もなお確率論研究において絶大な意義と影響力を持ち続けている。コルモゴロフの高弟シリャーエフによる解説「確率論の成立史」、および『確率論の基礎概念』に先立ってコルモゴロフが1931年に発表した記念碑的論文「確率論における解析的方法について」を併録。全篇新訳。

この本の目次

第1章 初等確率論
第2章 無限確率空間
第3章 確率変数
第4章 期待値
第5章 条件つき確率と条件つき期待値
第6章 独立性、大数の法則

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可