岡本太郎の宇宙 1 対極と爆発

岡本 太郎 著 , 山下 裕二 編集 , 椹木 野衣 編集 , 平野 暁臣 編集

稀有な芸術家の
全貌を捉える
決定版著作集、全5巻

多面的に活躍した20世紀の巨人の全貌に迫る著作集。一巻は戦後の「夜の会」から「太陽の塔」まで、その生涯を貫く「対極」の思想を集成。
【解説: 椹木野衣 】

岡本太郎の宇宙 1 対極と爆発
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:オ-18-2
  • 刊行日: 2011/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:608
  • ISBN:978-4-480-09371-4
  • JANコード:9784480093714
岡本 太郎
岡本 太郎

オカモト タロウ

1911-96年。父は漫画家・岡本一平、母は作家・岡本かの子。29年渡仏、抽象芸術、シュルレアリスムの運動に参加。パリ大学で民族学、哲学を学び、バタイユらと活動を共にした。40年に帰国、42年中国戦線に出征。46年に復員後、花田清輝らと「夜の会」を結成し、アヴァンギャルド芸術を推進した。『今日の芸術』『日本の伝統』はベストセラーとなった。70年、大阪万博テーマ館のプロデューサーとして「太陽の塔」を制作。以後、テレビをはじめとするあらゆるメディアを通じて発言と行動をつづけた。

山下 裕二
山下 裕二

ヤマシタ ユウジ

1958年広島県呉市生まれ。明治学院大学教授。東京大学大学院修了。著書に、『室町絵画の残像』『水墨画入門──見る・味わう・愉しむ』『日本美術の二〇世紀』ほか。赤瀬川氏との共著に『日本美術応援団』『日本美術応援団・オトナの社会科見学』『雪舟応援団』『実業美術館』がある。

この本の内容

20世紀を疾走し、屹立した芸術家、岡本太郎。その多面的な活躍は大きなセンセーションを巻き起こした。しかし彼の活動の軌跡は、さまざまな断片として人々の記憶にしまわれ、全体像を捉えるのは難しくなってしまった。はたして、岡本太郎とは何者だったのか―。いま生誕100年を迎え、遺された著作によって伝説と偶像を解体し、その存在の全貌に迫る、決定版著作集。1巻では「対極」と「爆発」というキーワードを手がかりに、若き日の詩文から、大阪万博参加への決意を記したテクストまで、生涯を貫く思想を掴みだす。

この本の目次

赤い兎
今日の芸術
夜の会
対極主義
爆発と瞬間
万国博に賭けたもの

読者の感想

2011.4.24 大島一彦

本書を読むと、芸術論だけに止まらず、思想・哲学・文化論・歴史、はたまた人間として如何に生きるべきか等、広い射程で岡本太郎と対峙することができる。
本書並びに本シリーズに収められている氏の芸術に対する考えは、けっして色あせておらず、ますます今日的な問題を我々に突きつけてくる。

「美術・芸術はなんか堅苦しく、いかめしい」と思っている人たちに、是非読んでもらいたい本だ。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可