流言蜚語

清水 幾太郎

流言と大震災

危機や災害と切り離せない流言蜚語はどのような機能と構造を備えているのだろうか。つかみにくい実態を鮮やかに捌いた歴史的名著。
【解説: 松原隆一郎 】

流言蜚語
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:シ-26-1
  • 刊行日: 2011/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-09390-5
  • JANコード:9784480093905
清水 幾太郎
清水 幾太郎

シミズ イクタロウ

1907─1988年。東京生まれ。東京帝国大学文学部社会学科卒業。社会学者、ジャーナリスト、文学博士。讀賣新聞社論説委員、二十世紀研究所所長などを経て、学習院大学教授(1949─69)、清水研究室主宰。著書として、『愛国心』『流言蜚語』(いずれもちくま学芸文庫)のほか、『社会学講義』『論文の書き方』『現代思想』『本はどう読むか』『倫理学ノート』などがある。

この本の内容

流言蜚語の成立条件、構造、社会的機能を詳細にわたって分析した論考、および関東大震災の生々しい体験記と、震災直後の世情への反応、流言を考察した達意のエッセイを付す。

この本の目次

1 流言蜚語(流言蜚語と報道
流言蜚語と輿論)
2 大震災は私を変えた(日本人の自然観―関東大震災
明日に迫ったこの国難―読者に訴える
大震災は私を変えた
地震のあとさき)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可