同時代史

タキトゥス 著 , 國原 吉之助 翻訳

殺戮、陰謀、裏切り

古代ローマの暴帝ネロ自殺のあと内乱が勃発。絡みあう人間ドラマ、陰謀、凄まじい政争を、臨場感あふれる鮮やかな描写で展開した大古典。
【解説: 本村凌二 】

同時代史
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:タ-12-2
  • 刊行日: 2012/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:978-4-480-09435-3
  • JANコード:9784480094353
タキトゥス
タキトゥス

タキトゥス

56頃-120年頃。ローマ帝政初期の歴史家。元老院議員として、法務官、執政官を務め、晩年にはアシア属州(小アジア西部)知事となる。共和政への郷愁と元首政への疑問を文筆活動の主題とし、『雄弁家についての対話』『同時代史』『年代記』などを著わす。

國原 吉之助
國原 吉之助

クニハラ キチノスケ

1926年、広島県に生まれる。1953年、京都大学文学部卒業。名古屋大学名誉教授。訳書に、タキトゥス『年代記』、カエサル『ガリア戦記』『内乱記』、スエトニウス『ローマ皇帝伝』などがある。

この本の内容

暴帝ネロの自殺後、ローマ帝国に泥沼の内乱が勃発した。各地の総督がその配下の軍隊に担がれて、次々と皇帝となったのである。紀元69年1月1日、ゲルマニア軍のウィテッリウスは、ヒスパニア総督であった元首ガルバに叛旗を翻す。アレクサンドリア軍からは、ウェスパシアヌスが皇帝として奉戴されていた。その結果、多くの市民の血が流れ、三人の皇帝が斃れた。そこには、人間の欲望が絡みあい、殺戮、陰謀、裏切りなど、凄まじい政争が繰り広げられた。本書は、希代の歴史家タキトゥスが、この同時代の壮大な歴史ドラマを、臨場感溢れる雄渾な筆致で記録したローマ史の大古典。

この本の目次


ローマ帝国の状況
ガルバとピソの養子縁組
オトの叛逆
ガルバの抵抗と最期
ゲルマニア軍の蜂起とウィテッリウスの擁立
ウィテッリウス派の将兵、イタリアへ進撃開始
オトと首都と属州
首都の不穏な気配
オトの出陣〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可