初版 古寺巡礼

和辻 哲郎

幻の初版が復活

不朽の名著には知られざる初版があった! 若き日の熱い情熱、みずみずしい感動は、本書のイメージを一新する発見に満ちている。
【解説: 衣笠正晃 】

初版 古寺巡礼
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0115
  • 整理番号:ワ-15-1
  • 刊行日: 2012/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-09454-4
  • JANコード:9784480094544
和辻 哲郎
和辻 哲郎

ワツジ テツロウ

1889-1960年。 哲学者・倫理学者。東京帝国大学哲学科卒。法政大学、京都帝国大学、東京帝国大学教授などを歴任。『風土 人間学的考察』や『日本古代文化』、『原始仏教の実践哲学』、『鎖国 日本の悲劇』など、日本の精神史に影響を及ぼす名著を数多く著した。

この本の内容

法華寺十一面観音や、薬師寺吉祥天女、百済観音、法隆寺金堂壁画など、仏教美術の至宝を紹介し、多くの読者を魅了し続ける永遠の名著『古寺巡礼』。しかし現在読めるのは、著者自身が大幅な削除を行った後の「改訂版」。オリジナルの初版には、もっと生な感動と、純粋で熱い情熱があふれている。「見よ、見よ、そこには“観音”が立っている。この瞬間の印象を語ることは、僕には不可能である。全身を走る身震い。心臓の異様な動悸」―。白洲正子ら文化人、また、出征を前にした若者など、多くの日本人を巡礼の旅にいざなった幻の稀覯本を復刻。解説では現行版との異同を詳しく検証。

この本の目次

アジャンター壁画の模写
希臘との関係
宗教画としての意味
波斯使臣の画
哀愁のこころ
南禅寺の夜
若王寺の家
博物館、西域の壁画
西域の仏頭
アジャンター壁画について〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可