私たちはどう生きるべきか

ピーター・シンガー 著 , 山内 友三郎 監訳

最も影響力のある哲学者による
現代倫理学の決定版!

社会の10%の人が倫理的に生きれば、政府が行う社会変革よりもずっと大きな力となる――環境・動物保護の第一人者が、現代に生きる意味を鋭く問う。

私たちはどう生きるべきか
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0112
  • 整理番号:シ-32-1
  • 刊行日: 2013/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-09581-7
  • JANコード:9784480095817
ピーター・シンガー
ピーター・シンガー

シンガー,ピーター

1946年生まれ。優れた倫理学者として世界的に高名なだけでなく、動物解放、菜食主義、難民救済、環境保護などの実践運動のリーダーとして国際的、精力的に活動してきたことでも知られる。主著は『実践の倫理』『グローバリゼーションの倫理学』『動物の解放 改訂版』など。

山内 友三郎
山内 友三郎

ヤマウチ トモサブロウ

1933年生まれ。大阪教育大学名誉教授。専門は倫理学、環境哲学など。著書に『相手の立場に立つ』のほか、シンガー、R・M・ヘア、J・B・キャリコットの翻訳など多数。

この本の内容

私的利益と倫理が衝突する場合、あなたならどうするか。もしもあなたが姿を消して、誰にも知られずに何でも好きなものを手に入れられるような場合、すべての倫理的基準を捨て去るのが合理的な判断なのだろうか。それでも正義を重んじるとすれば、そこにはどんな理由があるだろう。西洋倫理学の伝統からプラトン、ルソー、カント等の豊富な議論をとりあげて新たな角度から解明しつつ、経済倫理、遺伝子操作等のアクチュアルな問題を考察。『実践の倫理』『動物の解放』の著者であり、環境・動物保護運動のリーダーとしても活躍する著者が、理論と実践の両側面から現代倫理を徹底的に再考する!

この本の目次

第1章 究極の選択
第2章 「そのどこが私のためになるんだ」
第3章 世界を使い果たす
第4章 この生き方の由来はどこにあるのか
第5章 利己心は人の遺伝子の中にあるか
第6章 日本人の生き方
第7章 お返し戦術
第8章 倫理的に生きる
第9章 倫理の本性
第10章 ある目的のために生きる
第11章 よい生き方

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可