幾何学の基礎をなす仮説について

ベルンハルト・リーマン 著 , 菅原 正巳 翻訳

H.ワイルの解説で読み解く
リーマン幾何学の構想

相対性理論の着想の源泉となった、リーマンの記念碑的講演。ヘルマン・ワイルの格調高い序文・解説とミンコフスキーの論文「空間と時間」を収録。

幾何学の基礎をなす仮説について
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:リ-7-1
  • 刊行日: 2013/11/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:144
  • ISBN:978-4-480-09583-1
  • JANコード:9784480095831
ベルンハルト・リーマン
ベルンハルト・リーマン

リーマン,ベルンハルト

1826-1866年。解析学、幾何学、数論などの分野で先駆的な業績を上げ、20世紀の数学に多大な影響を与えた数学者。ゲッティンゲン大学でガウスのもと、複素解析の基礎づけと多様体概念を導入したリーマン幾何学を確立。数論では「リーマン予想」が未解決問題としてよく知られている。

菅原 正巳
菅原 正巳

スガワラ マサミ

1917-2011年。東京帝国大学理学部卒業。名古屋帝国大学助教授、統計数理研究所所員、国立防災科学技術センター所長などを歴任。水文学において、河川流量の時系列を予測するための「タンクモデル」の提唱者。著書に『流出解析法』(共立出版)などがある。

この本の内容

H.ワイルの解説で読み解くリーマン幾何学の構想。ミンコフスキー「空間と時間」併収。

この本の目次

幾何学の基礎をなす仮説について(リーマン)(「n重に拡がったもの」という概念
n次元多様体に可能な量的関係
空間への応用)
空間と時間(ミンコフスキー)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可