スピノザ『神学政治論』を読む

上野 修

この大いなる逆説によって――
スピノザは、
一つの謎になった。

聖書の信仰と理性の自由は果たして両立できるか。スピノザはこの難問を、大いなる逆説をもって考え抜いた。『神学政治論』の謎をあざやかに読み解く。

スピノザ『神学政治論』を読む
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ウ-23-1
  • 刊行日: 2014/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-09625-8
  • JANコード:9784480096258
上野 修
上野 修

ウエノ オサム

1951年京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒、大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。哲学・哲学史専攻。山口大学人文学部教授などを経て、現在、大阪大学大学院文学研究科教授。著書に『スピノザの世界──神あるいは自然』(講談社現代新書)、『デカルト、ホッブズ、スピノザ──哲学する十七世紀』(講談社学術文庫)、『哲学者たちのワンダーランド──様相の十七世紀』(講談社)、共著に『〈私〉の哲学を哲学する』(講談社)がある。

この本の内容

聖書の信仰と理性の自由は果たして両立しうるのだろうか―。17世紀、「自由と寛容」を掲げた共和国オランダで、スピノザはこの難問を考察し、『神学政治論』を出版する。だがこの著作は、キリスト教会から「前代未聞の悪質かつ冒涜的な書物」と罵られ禁書とされたばかりか、当時最もリベラルであったデカルト主義者たちからも危険視された。人びとはこの書物の何を恐れたのか。その大いなる逆説をもってスピノザが説いたことは、本当は何だったのか。スピノザ研究の第一人者が、『神学政治論』の謎を、平明な語り口であざやかに読み解く。

この本の目次

1 『神学政治論』のエッセンス(『神学政治論』は何をめぐっているのか
敬虔の文法
文法とその外部
『神学政治論』の孤独)
2 分析と論争的読解(信仰教義をめぐって―スピノザと敬虔の文法
預言の確実性をめぐって―スピノザの預言論
教えの平凡さをめぐって―スピノザの共有信念論
契約説をめぐって―スピノザにおける社会契約と敬虔
奇蹟と迷信をめぐって―スピノザの奇蹟迷信論)
3 『神学政治論』と現代思想(アルチュセールのイデオロギー論とスピノザ
ネグリのマルチチュード論とスピノザ)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可