ユークリッドの窓 ─平行線から超空間にいたる幾何学の物語

レナード・ムロディナウ 著 , 青木 薫 翻訳

ようこそ、幾何学の旅へ。

平面、球面、歪んだ空間、そして……。幾何学的世界像は今なお変化し続ける。『スタートレック』の脚本家が誘う三千年のタイムトラベルへようこそ。

ユークリッドの窓 ─平行線から超空間にいたる幾何学の物語
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ム-6-1
  • 刊行日: 2015/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-09645-6
  • JANコード:9784480096456
レナード・ムロディナウ
レナード・ムロディナウ

レナード・ムロディナウ

1954年、ユダヤ人の両親のもとに生まれる。カリフォルニア大学バークレー校で博士号取得。カリフォルニア工科大学特別研究員、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団招聘研究員等を経て脚本家に転身。『新スター・トレック』ほか、多くのテレビシリーズを手がける。著書も執筆しており、邦訳されたものに『たまたま:日常に潜む「偶然」を科学する』(ダイヤモンド社)などがある。

青木 薫
青木 薫

アオキ カオル

1956年、山形県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院修了。理学博士。翻訳家。訳書に『物理学に生きて』、『アインシュタイン論文選』(以上ちくま学芸文庫)、『フェルマーの最終定理』、『暗号解読』(以上新潮文庫)などがある。

この本の内容

紀元前の古代ギリシャ。単なる測量術にすぎなかった人類の知恵を、「幾何学」という一つの学問にまで高めた数学者がいた。ユークリッドだ。円と直線の組み合わせで描かれる世界観はその後のものの見方を決定づけ、幾何学に革命が起こるたびに、より深い真実があることが明らかになってきた。ガウスの非ユークリッド幾何学、アインシュタインの相対性理論、そしてウィッテンのひも理論。世界の見方は古代以来変わり続け、数学と物理の深い関係が今、明らかになりつつある。ユークリッドが開いたのは、宇宙の姿を見せてくれる窓だったのだ。『スタートレック』の脚本家が誘う3000年のタイムトラベル。

この本の目次

第1部 ユークリッドの物語(最初の革命
課税のための幾何学 ほか)
第2部 デカルトの物語(位置の革命
緯度と経度 ほか)
第3部 ガウスの物語(曲がった空間の革命
プトレマイオスの過ち ほか)
第4部 アインシュタインの物語(光速革命
若き日のマイケルソンとエーテルという概念 ほか)
第5部 ウィッテンの物語(奇妙な革命
シュワーツにしか見えない美しいひも ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可