社会科学としての経済学

宇野 弘蔵

資本主義の原理は、イデオロギーではなく科学的態度によってのみ解明できる。マルクスの可能性を極限まで突き詰めた宇野理論の全貌。解説 大黒弘慈

社会科学としての経済学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0133
  • 整理番号:ウ-26-2
  • 刊行日: 2016/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-09730-9
  • JANコード:9784480097309
宇野 弘蔵
宇野 弘蔵

ウノ コウゾウ

1897(明治30)年、岡山県に生まれる。1921(大正10)年、東京帝国大学経済学部卒業。ドイツ留学を経て、東北帝国大学助教授に着任。その後、東京帝国大学教授、法政大学教授などを歴任し、1977(昭和52)年、79歳で死去。経済学博士。マルクス主義経済学を専門とし、その独創的な資本論読解により宇野学派と呼ばれる学派を形成した。主な著作として、『経済原論』『経済学方法論』『恐慌論』などが、著作集として『宇野弘藏著作集』(全11巻)がある。

この本の内容

資本主義のメカニズムを明らかにするために、経済学はどこまでも科学的でなければならない―。戦後のマルクス研究を主導した宇野弘蔵。彼は教条的な『資本論』読解を批判し、純粋な科学として再構成することを企てた。本書では、経済学が取り組むべき根本課題から語り起こし、自然科学と社会科学の違い、マルクス理論の核心を踏まえたうえで、三段階論に代表される自らの理論を紹介していく。さらにマルクスの一連の著作をコンパクトにまとめた論考も収録。今日の資本主義を分析するために、マルクスをどう活用できるのか。その可能性がもっとも明快に示された一冊。

この本の目次

1 経済学はどういう学問か
2 経済学のすすめ
3 社会科学としての経済学の方法について
4 経済学研究の目標と方法
5 マルクス経済学と社会科学
6 社会科学はどうしてできたか
座談会 社会科学はどうあるべきか
7 マルクス経済学概要
対談 マルクスの経済理論をいかに把えるか
解説 方法を模写するということ(大黒弘慈)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可