アタリ文明論講義 ─未来は予測できるか

ジャック・アタリ 著 , 林 昌宏 翻訳

文明の浮沈は常に先を読む力に左右されてきた。混迷を深める現代社会にその力はあるか──。EUの予言者と称される碩学が予測術を軸に語る文明論。

アタリ文明論講義 ─未来は予測できるか
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0120
  • 整理番号:ア-31-2
  • 刊行日: 2016/09/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09751-4
  • JANコード:9784480097514
ジャック・アタリ
ジャック・アタリ

アタリ,ジャック

1943年アルジェリア生まれ。パリ理工科学校を卒業、1981年 大統領特別顧問、1991年欧州復興開発銀行初代総裁。1998年に発展途上国支援のNGOを創設。邦訳著作『アンチ・エコノミクス』『ノイズ』『カニバリスムの秩序』『21世紀の歴史』等。

この本の内容

予言・予知・占い…古来、権力者は未来を知ることに取り憑かれてきた。それを迷信と嘲笑うことはできない。あらゆる個人、国家、文明の浮沈はつねに先を読む力に左右されてきたのだ。だが、ますます混迷を深める現代文明でいかにして予測は可能なのか。われわれは未曾有の事態にどう立ち向かえばよいのか―。『21世紀の歴史』『国家債務危機』など数々の著書で予測を的中させ「EUの予言者」と称される経済学者が自身の未来予測の手法を開示、文明の行方を読み解く特別講義。文庫オリジナル!

この本の目次

第1章 天の予言、神々の権力(民衆の未来を語る
未来の全体像を解読する
未来のエッセンスを暴き出す
なぜこれらの予言テクニックをいまだに信じるのか)
第2章 時間を操る、人間の力(予言から逃れる―自由と恩寵
天気予報
高まる時間の価値―思索と予想
“歴史”の意義―長い時間
予測術を身につけるための四つのメソード)
第3章 偶然を制御する、マシンの威力(モデル―シミュレーション、予測、予言
偶然性に回帰する
予言する独裁者)
第4章 私の未来予測(自分自身の未来を予測する
身近な人や見ず知らずの他人の未来を予測する
企業の未来を予測する
国の未来を予測する
人類の未来を予測する)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可