概説文語文法 改訂版

亀井 孝

傑出した国語学者であった著者が、たんに作品解釈のためだけではない「教養としての文法」を説く。国文法を学ぶ意義を再認識させる書。解説 屋名池誠

概説文語文法 改訂版
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0181
  • 整理番号:カ-45-1
  • 刊行日: 2017/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-09797-2
  • JANコード:9784480097972
亀井 孝
亀井 孝

カメイ タカシ

1912-1995年。東京生まれ。国語学者・言語学者。一橋大学名誉教授。1935年、東京帝国大学文学部卒業。日本語の音韻史およびを文字史の理論的研究に業績を残した。著書に、『亀井孝論文集』(全6巻、吉川弘文館)、『お馬ひんひん』(小出昌洋編、朝日選書)、『日本語の歴史』(共編、全8巻、平凡社)、『言語学大辞典』(共編、全6巻、三省堂)などがある。

この本の内容

傑出した国語学者・言語学者であった著者による古典文法の概説書。文法がどのような組織を持っているか総体として受けとめ、たんに作品解釈のためだけではなく、それ自体、教養として学ぶことを提唱する。大きく「文」「語」「付属語」「表現」に分けて解説。

この本の目次

第1章 文語文法(文語
文語文
解釈文法)
第2章 文(言語行動
文の種類
文と文節
文の組立)
第3章 語(文法上の単位
自立語
用言)
第4章 付属語(自立語と付属語
助詞と助動詞
助詞の用法
助動詞の用法)
第5章 日本語の表現(敬語法
表現と論理)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可