鏡の背面 ─人間的認識の自然誌的考察

コンラート・ローレンツ 著 , 谷口 茂 翻訳

人間の認識システムはどのように進化してきたか、そしてその特徴は。ノーベル賞受賞の動物行動学者が試みた自然誌的考察による壮大な総合人間哲学。

鏡の背面 ─人間的認識の自然誌的考察
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0145
  • 整理番号:ロ-1-3
  • 刊行日: 2017/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-09832-0
  • JANコード:9784480098320
コンラート・ローレンツ
コンラート・ローレンツ

ローレンツ,コンラート

1903−1989年。ウィーン生まれ。動物行動学を確立した。ウィーン大学で医学・哲学・動物学を学ぶ。1949年比較行動学研究所を創立。マックス・プランク行動生理学研究所所長等を歴任した後、コンラート・ローレンツ研究所を設立。1973年N.ティンバーゲンらとともにノーベル生理学賞を受賞した。著書:『攻撃』『文明化した人間の八つの大罪』『動物行動学』『ソロモンの指環』他。

谷口 茂
谷口 茂

タニグチ シゲル

1933年鹿児島県生まれ。東京大学大学院宗教学科博士課程修了。明治学院大学名誉教授。ドイツ文学者、宗教学者。著訳書多数。

この本の内容

鏡は現実の世界を映し出す。ローレンツは、ヒトの心も現実の事象を映し取り認識するものとして鏡になぞらえ、すべての鏡に物理的実体として裏側・背面が存在するようにヒトの心にも背面があるとし、その背面である認識システムに目を向ける。人間の行動の基礎となる五官から中枢神経系までを含めた人間の全認識装置とその機能を、アメーバーやゾウリムシの行動を始めとして、最終的には人間の社会的営みにまで至る“生きたシステム”全域における解明を試みる。ノーベル医学生理学賞を受賞した20世紀を代表する知性による、総合人間哲学を目指したきわめて野心的な試み。

この本の目次

認識論的前置き
認識過程としての生命
新たなシステム特性の生成
現実的存在の諸層
短期の情報獲得の諸過程
行動のテレオノミー的変異(報酬による学習=強化による条件づけは除く)
成功の応答と、報酬による訓練(強化による条件づけ)
概念的思考の基礎
人間の精神
生きたシステムとしての文化〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可