物理現象のフーリエ解析

小出 昭一郎

熱・音・光の伝播から量子論まで、振動・波動にもとづく物理現象とフーリエ解析の関わりを丁寧に解説。物理学の泰斗による名教科書。解説 千葉逸人

物理現象のフーリエ解析
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0142
  • 整理番号:コ-47-1
  • 刊行日: 2018/02/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-09837-5
  • JANコード:9784480098375
小出 昭一郎
小出 昭一郎

コイデ ショウイチロウ

1927-2008年。東京生まれ。東京大学理学部卒業。東京大学教養学部教授、山梨大学学長、山梨県立短期大学学長等を歴任。専攻は分子物理学、固体物理学。著書に『物理学』(裳華房)、『量子力学』(裳華房)など、訳書ににメシア『量子力学』全3巻(共訳、東京図書)、ヤンマー『量子力学史』全2巻(東京図書)などがある。

この本の内容

熱伝導の研究から、「任意の周期関数は三角関数の無限和で表される」ことを発見したジョゼフ・フーリエ(1768‐1830)。実際その級数展開の方法は、熱伝導のみならず、さまざまな物理現象をときあかすために欠かせないツールであることが明らかとなった。本書は熱・光・音の伝播という身近な現象から、線形応答理論や量子論におけるフーリエ変換の応用まで、具体例を多数紹介。丁寧な筆致で、読者を多様な物理の世界へといざなう。

この本の目次

第1章 フーリエ級数
第2章 フーリエ変換
第3章 フーリエ級数の応用
第4章 フーリエ変換の応用
第5章 光・X線とプラズマ
第6章 線形応答理論
第7章 確率過程
第8章 量子論への応用

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可