ホームズと推理小説の時代

中尾 真理

ホームズとともに誕生した推理小説。その歴史を黎明期から黄金期まで跡付け、隆盛の背景とその展開を豊富な基礎知識を交えながら詳らかにする。

ホームズと推理小説の時代
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ナ-27-1
  • 刊行日: 2018/03/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-09847-4
  • JANコード:9784480098474
中尾 真理
中尾 真理

ナカオ マリ

東京都生まれ。奈良女子大学大学院文学研究科修士課程修了。英文学専攻。奈良大学名誉教授。著書:『イギリス流園芸入門』(晶文社)、『素人園芸家の12ヵ月』(講談社)、『英国式庭園』(講談社選書メチエ)、『ジェイン・オースティン――小説家の誕生』(英宝社)、『ジョイスを訪ねて』(彩流社)など。訳書:ジェーン・オースティン『ノーサンガー・アベイ』(キネマ旬報社)、ヒース・ロビンソン他『わが庭に幸いあれ』(筑摩書房)、ポール・コリンズ『古書の聖地』(晶文社)。他専門書、翻訳書多数。日本シャーロック・ホームズ・クラブ関西支部会員。

この本の内容

舞台はヴィクトリア朝のロンドン、拡大鏡を片手に元軍医のワトソンとともに活躍した鷲のような鋭い目、細身で寡黙な探偵。そう、彼の名前はシャーロック・ホームズ。登場以来時代を超え全世界を魅了し続けてきたのは、なぜか?その疑問をもとに推理小説がどのように誕生し、黄金時代を迎えていったのかをホームズを起点に丹念に辿る。本書はその歴史、基礎知識を交えながら、イギリス、アメリカ、そして日本の推理小説を概観し、正当な評価を与えるべく英文学者、愛好家の視点から考察する。推理小説を愛する多くの読者に捧げる一冊。書き下ろしオリジナル作品。

この本の目次

第1部 『ストランド・マガジン』とシャーロック・ホームズ(シャーロック・ホームズ登場
ホームズの引退 ほか)
第2部 推理小説の黄金時代(イギリスの場合)(シャーロック・ホームズのライヴァル(同時代人)たち
G.K.チェスタトンとE.C.ベントリー ほか)
第3部 推理小説の黄金時代(アメリカの場合)(S.S.ヴァン・ダイン
エラリー・クイーン ほか)
第4部 推理小説の黄金時代の余波(黄金時代の余波)
第5部 推理小説の黄金時代(日本の場合)(日本の近代化と推理小説)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可