通商交易で繁栄した古代オリエント都市のペトラ、パルミュラなどの遺跡に立ち、往時に思いを馳せたロマン溢れる歴史紀行の古典的名著。解説 前田耕作

隊商都市
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0120
  • 整理番号:ロ-11-1
  • 刊行日: 2018/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-09878-8
  • JANコード:9784480098788
ミカエル・ロストフツェフ
ミカエル・ロストフツェフ

ミカエル・ロストフツェフ

1870-1952年。ウクライナのキエフで生まれる。ペテルスブルグ大学卒業後、同大学教授、ロシア学士院の会員となる。十月革命後ロシアを去り、1925年イギリスを経て、イェール大学に移る。二十世紀前半最大のギリシャ・ローマ史および考古学の学者の一人。主著に『ローマ帝国社会経済史』『ヘレニズム世会の社会経済史』がある。

青柳 正規
青柳 正規

アオヤギ マサノリ

1944年中国大連生まれ。東京大学大学院修了。東京大学名誉教授。国立西洋美術館長、文部科学省文化庁長官を歴任。主な著作として、『エウローパの舟の家』『古代都市ローマ』『皇帝たちの都ローマ』がある。

この本の内容

急峻な岩山がそそり立つなかに忽然とその幻想的な姿を現すペトラ。ジェラシュ、パルミュラ、ドゥラなどの都市とドラマティックな隊商路の動き、そして文化の十字路としての役割。本書は、メソポタミア、エジプト、ギリシア、地中海、文明揺籃の地に囲まれキャラバン交易で繁栄した古代オリエント都市の遺跡に立ち、往時の繁栄に思いを馳せた紀行、歴史書である。原書刊行からすでに85年以上の歳月が経過しているが、考古学的資料に基づき往時の光景を再現させる筆致はいまでも色あせることはない。

この本の目次

第1章 隊商貿易とその歴史
第2章 ペトラ
第3章 ジェラシュ
第4章 パルミュラとドゥラ
第5章 パルミュラの遺跡
第6章 ドゥラの遺跡

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可