日本大空襲 ─本土制空基地隊員の日記

原田 良次

「精神主義に支配された日本軍の現実を冷静に観察し、人間として生きることを重視する姿勢に貫かれた貴重な記録」―― 吉田 裕(解説)

帝都防衛を担った兵士がひそかに綴った日記。各地の空爆被害、斃れゆく戦友への思い、そして国への疑念……空襲の実像を示す第一級資料。解説 吉田裕

日本大空襲 ─本土制空基地隊員の日記
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:ハ-51-1
  • 刊行日: 2019/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-09933-4
  • JANコード:9784480099334
原田 良次
原田 良次

ハラダ リョウジ

1917(大正6)年、山形県鶴岡市に生まれる。1938年、福井高等工業学校卒業。専攻は繊維化学。翌年、陸軍第一航空教育隊(各務原)に入隊。1941年より第七航空教育隊(牡丹江・浜松)に転じ、助教をへて、1944年、飛行第五十三戦隊(松戸基地帝都防衛夜間戦闘機隊)に所属。戦後は、昭和染布株式会社で常務取締役などをつとめる。2009(平成21)年没。おもな著書に、『帝都防空戦記』(図書出版社)がある。

この本の内容

太平洋戦争時、帝都防衛の任をおびていた陸軍飛行第五十三戦隊。その整備兵であった著者は、日本全土への空襲が本格化する昭和19年11月から翌年の敗戦に至るまで、手許にあった文庫本の余白にひそかに日記を書き綴っていた―。苛烈をきわめる各地への空襲とその被害の経過を定点観測のように詳細に記録しつつ、そこに疲弊していく兵士の日常や傍観者たらざるを得ない自身へのやるせなさ、膨らんでいく戦争・国家への疑念、荒廃していく国土や次々と斃れていく戦友への痛切な思いが、随所に差し挟まれていく。等身大の兵士の視点から本土空襲の全貌を綴った貴重な記録。

この本の目次

1 東京の空敵一機 昭和十九年十一月一日‐同年十一月十一日
2 マリアナ基地からのB29渡洋爆撃 昭和十九年十一月十二日‐同年十二月二十二日
3 本土空襲本格化 昭和十九年十二月二十三日‐昭和二十年一月十九日
4 焼夷爆撃への転換 昭和二十年一月二十日‐同年二月十八日
5 東京壊滅する 昭和二十年二月十九日‐同年三月十一日
6 主要都市への無差別爆撃 昭和二十年三月十二日‐同年四月四日
7 沖縄進攻作戦と軍需工場攻撃 昭和二十年四月五日‐同年五月二日
8 底をついた日本の航空戦力 昭和二十年五月三日‐同年六月八日
9 敵機日本全土をおおう 昭和二十年六月九日‐同年七月七日
10 破局 昭和二十年七月八日‐同年七月三十一日
11 むなしき戦争 昭和二十年八月一日‐同年八月十五日

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可