パワー・エリート

C・ライト・ミルズ 著 , 鵜飼 信成 翻訳 , 綿貫 譲治 翻訳

エリート層に権力が集中し、相互連結しつつ、大衆社会を支配していく構図を詳細に分析。世界中で読まれる階級論格差論の古典的必読書。解説 伊奈正人

パワー・エリート
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,900円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:ミ-22-2
  • 刊行日: 2020/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:736
  • ISBN:978-4-480-09967-9
  • JANコード:9784480099679

この本の内容

企業大富豪、政界幹部、軍上層部。権力エリート層はこの三領域をまたいで形成され、人脈や利害調整などでバランスを保ちつつ、権力・富・威信を集中させている。本書はその様相を詳細にあぶり出し、さらにマス・メディア等を通じて底辺に広がる大衆社会を支配していく構図を分析する。それは、米国社会が理念としていた民主主義が形骸化していることを暴き、全体主義への道を進みつつあると警鐘を鳴らす痛烈な批判へと繋がった。20世紀半ばにセンセーションを巻き起こし、その後の階級論・格差論へと議論が引き継がれていった社会学の古典的名著。

この本の目次

上層諸グループ
地方社会
大都市上流社会
有名人
大富豪
会社最高幹部
会社富豪
将軍たち
軍の台頭
政治幹部会
均衡理論
権力エリート
大衆社会
保守的ムード
上層部の不道徳性

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可