ちくま文学の森12 動物たちの物語 ─動物たちの物語

安野 光雅 編集 , 森 毅 編集 , 井上 ひさし 編集

蝶 正岡子規/蝗の大旅行 佐藤春夫/リス コレット/虫のいろいろ 尾崎一雄/黒猫 島木健作/雁の話 中勘助/蚊 小泉八雲 他

ちくま文学の森12 動物たちの物語 ─動物たちの物語
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,922円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/01/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:464
  • ISBN:4-480-10112-8
  • JANコード:9784480101129
安野 光雅
安野 光雅

アンノ ミツマサ

1926年島根県津和野生まれ。画家・絵本作家として、国際アンデルセン賞、ケイト・グリーナウェイ賞、紫綬褒章など多数受賞し、世界的に高い評価を得ている。主な著作に『ふしぎなえ』『ABCの本』『繪本平家物語』『繪本三國志』『安野光雅文集』(全6巻)『片想い百人一首』などがある。(写真:広石修)

森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

この本の目次

猫(三好達治)
銀のやんま(北原白秋)
春(吉野せい)
蝶(正岡子規)
こおろぎ(鏑木清方)
蝗の大旅行(佐藤春夫)
虫のいろいろ(尾崎一雄)
冬の蝿(梶井基次郎)
悲しい山椒ノ魚(野尻抱影)
プラテーロとぼく 抄(ヒメネス)
リス(コレット)
文鳥(夏目漱石)
黒猫(島木健作)
大きな二つの心臓の川(ヘミングウェイ)
蝉―変態「羽化」(ファーブル)
蚊(小泉八雲)
スカンク(ハドソン)
マンモスは生きている(吉田健一)
ナマズ考(花田清輝)
猫が物いう話(森銑三)
猫の踊(森銑三)
蛇精(岡本綺堂)
髪切虫(夢野久作)
豹(内田百(けん))
鯉(内田百(けん))
雑種(カフカ)
スキー場で(辻まこと)
猿(J.クラルテェ)
雁の話(中勘助)
ウシ(エーメ)
名優ギャヴィン・オリアリ(J.コリア)
猫の親方あるいは長靴をはいた猫(ペロー)
毛虫の舞踏会(M.ブデル)
やまなし(宮沢賢治)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可