ちくま文学の森別巻 もうひとつの話 ─もうひとつの話

安野 光雅 編集 , 森 毅 編集 , 井上 ひさし 編集

女 ハイネ/島の果て 島尾敏雄/かもじの美術家 レスコフ/空飛ぶ大納言 澁澤龍彦/赤い花 ガルシン/ボロ家の春秋 梅崎春生 他

ちくま文学の森別巻 もうひとつの話 ─もうひとつの話
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,922円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/04/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:496
  • ISBN:4-480-10116-0
  • JANコード:9784480101167
安野 光雅
安野 光雅

アンノ ミツマサ

1926年島根県津和野生まれ。画家・絵本作家として、国際アンデルセン賞、ケイト・グリーナウェイ賞、紫綬褒章など多数受賞し、世界的に高い評価を得ている。主な著作に『ふしぎなえ』『ABCの本』『繪本平家物語』『繪本三國志』『安野光雅文集』(全6巻)『片想い百人一首』などがある。(写真:広石修)

森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

この本の目次

女(ハイネ)
島の果て(島尾敏雄)
かもじの美術家(レスコフ)
平手造酒(中山義秀)
極楽急行(海音寺潮五郎)
空飛ぶ大納言(渋沢龍彦)
鷹(石川淳)
赤い花(ガルシン)
生涯の垣根(室生犀星)
ボロ家の春秋(梅崎春生)
シシフシュ(ボルヒェルト)
モンタヴァル一家の血の呪いについて(寺山修司)
ガラスの少女像(T.ウィリアムズ)
鳩の夫婦(マンスフィールド)
チロルの秋(岸田国士)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可