新・ちくま文学の森10 どこか遠くへ ─どこか遠くへ

鶴見 俊輔 編集 , 安野 光雅 編集 , 森 毅 編集

出発まで 山下清/「日日雑記」より 武田百合子/秋の彷徨 辻まこと/爪哇 金子光晴/ウェイクフィールド ホーソーン 他<<↓>>(安野光雅)

新・ちくま文学の森10 どこか遠くへ ─どこか遠くへ
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,748円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1995/06/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-10130-6
  • JANコード:9784480101303
鶴見 俊輔
鶴見 俊輔

ツルミ シュンスケ

1922−2015年。哲学者。1942年、ハーヴァード大学哲学科卒。46年、丸山眞男らと「思想の科学」を創刊。65年、小田実らとベ平連を結成。2004年、大江健三郎らと「九条の会」呼びかけ人となる。著書に『アメリカ哲学』『限界芸術論』『アメノウズメ伝』などのほか、エッセイ、共著など多数。『鶴見俊輔集』全17巻もある。

安野 光雅
安野 光雅

アンノ ミツマサ

1926年島根県津和野生まれ。画家・絵本作家として、国際アンデルセン賞、ケイト・グリーナウェイ賞、紫綬褒章など多数受賞し、世界的に高い評価を得ている。主な著作に『ふしぎなえ』『ABCの本』『繪本平家物語』『繪本三國志』『安野光雅文集』(全6巻)『片想い百人一首』などがある。(写真:広石修)

森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

この本の目次

日本奥地紀行より(イサベラ・バード)
出発まで(山下清)
日日雑記より(武田百合子)
流浪の手記(深沢七郎)
一日の王(尾崎喜八)
秋の彷徨(辻まこと)
爪哇(ジャワ)(金子光晴)
豆の葉と太陽(柳田国男)
五足の靴より(北原白秋ほか)
飛騨の秘密(坂口安吾)
房総鼻眼鏡(内田百(けん))
旅商人の話(ディケンズ)
黒んぼの人形(オコナー)
なにかが起こった(ブッツァーティ)
ウェークフィールド(ホーソーン)
竹青(太宰治)
心願の国(原民喜)
酒の精(吉田健一)
頻伽(渋沢龍彦)

読者の感想

2009.10.22 義翁

 澁澤龍彦の『高丘親王航海記』は、私にとって大切な特別な本。文庫版も有るというのに、わざわざ函入りの立派な装丁の単行本を買い求めてしまったほど。この『どこか遠くへ』には、その『高丘親王航海記』の最終章にあたる『頻伽』が収められている。哀しいというのとはちょっと違う、独特の読後感をのこす稀代の物語だ。
 不思議なことに好きな話というのは何度読んでも楽しめる。飽きもしないし・・・ウンザリなんてしたことがない。

 目次を見て、この本に『頻伽』が収められているのを知って、「ナンダ『頻伽』カ、コンナノ、モウトックニ読ンデルヨ」などとは思わず、かえって得した気分。むしろ「大好きな『頻伽』をまた読み返す口実(?)が出来たぞ、シメシメ・・・」といった気分で、わくわくしてしまったくらいです。
 ほかにも収録作の内、山下清の『出発まで(ヨーロッパぶらりぶらり)』や、内田百閒の『房総鼻眼鏡(第三阿房列車)』なども、すでに文庫本で何度も何度も読み返している。
 なのに、ここでまた読んで、やっぱりウキウキ楽しいし、あらためて新鮮に感じることができました。いつも手元にして読んでいる馴染みある文庫本とは違う本で読んだから、当然、文字の大きさや組み方も違うわけで、それが影響して新鮮に感じるのだろうか?・・・確かに多少は影響しているのかもしれないけれども、やはり、これは文章そのものの持つちからによるところが大きいのだろうと思います。 
 
 何度も読んでいるのに読み返すたびに新しい発見がある。・・・使い古された言葉なのかもしれませんが、本当にそうなんだから、こう書くよりほかにありません。
 
 ・・・本は読み返す時にこそ、その真価を発揮する。これが私の持論なのですが、はからずもこの本でそれを再確認することができました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可