明治の文学 9 徳田秋声 ─徳田秋声

徳田 秋声 著 , 坪内 祐三 編集

明治の文学 9 徳田秋声 ─徳田秋声
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体2,600円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/03/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-10149-7
  • JANコード:9784480101495
坪内 祐三
坪内 祐三

ツボウチ ユウゾウ

1958年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学大学院修了。「東京人」編集部を経て文筆業に。明治文化、アメリカ文学、映画、演劇など幅広い分野を対象に執筆活動を続けている。

この本の目次

犠牲
新世帯

足迹
媾曳
紅葉先生の塾
一葉女史の作物
見えぬ所、わからぬ奥
先づ文芸趣味の普及
人生の真の意味
子が半生の文壇生活
自己を意識する読書

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可